HTMLとは?

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)

ハイパーテキストとは、ハイパーリンクを埋め込むことができる高機能なテキスト
(ハイパーリンクとは、ウェブページで下線の付いたテキストなどをクリックすると別ページに移るリンクのこと)

マークアップとは、普通の文書に目印をつけること。
         文書の各部分がどのような役割を持っているかを示す。
         テキスト中の文字など意味づけを行う。
ハイパーリンク機能で関連する情報同士を結びつけて情報をまとめる。
コンピュータに理解できるように文書の構造を決めることがHTMLの重要な役割。
タグによって意味づけをしハイパーテキストを実現するためのこと。

HTMLを書くためには、コンピュータの種類に関係なく機能するようにつくられているので、特別なファイルフォーマットを使用せず、全て普通の文字で示すテキスト形式ファイルになっている。(ファイルフォーマットとは、コンピュータ上のデータをどのように扱うかを定めた規約のこと)

テキストファイルを作成、編集するのに必要なのはテキストエディタというプログラム(テキストエディタとは、文字のみのファイルを作成、編集するためのソフト)
テキストエディタをHTML作成に使う場合、テキストファイルの編集がしやすくタグ付けというHTMLの構造がわかりやすいこと。

タグが書きやすい方がいい。毎回同じものを使用するのでメニューボタンやショートカットキーなどに入れてあると便利。


Copyright (C) ネットショップを作りたいので調べてみた All Right Reserved.